アメリカンフットボールのプロリーグ設立に向けて

2010年に日本でアメリカンフットボールのプロリーグを設立する――2000年の元旦に自分に課した目標です。この目標の実現に向けて、この場をお借りしてこれまでの仕事を振り返り、アイデアを整理し、構想を練り、自らのモチベーションを鼓舞していきたいと思います。

Monday, March 20, 2006

ありがちな「人気拡大策」を考察する

 アメリカンフットボールの「広告としての媒体価値」についての考察に入る前に、今回はコーヒーブレイクとして、よく言われるスポーツの「人気拡大策」について考察してみよう。

 アメフトに限らず競技の人気拡大を考える際に、以下のような施策やアイデアが提案されることがある。

1)「世界のトップで活躍する選手を輩出する」
2)「スター選手を生み出す」
3)「競技を題材にしたアニメやコミックをつくる」
4)「試合やハーフタイムに芸能人を呼ぶ」
5)「子供達(底辺)に競技を普及させる」
6)「女性ファンを拡大する」

 いずれも有効な人気拡大施策ではあるが、実はそれぞれの施策を単発で実施してもさほど効果はない、というのが筆者の考えである。それぞれを検証してみよう。

1)「世界のトップで活躍する日本人選手を輩出する」

 サッカーの中田英寿や中村俊輔、野球のイチローや松井秀樹といった世界のトップリーグで活躍する日本人選手の存在が、サッカーや野球の普及・人気拡大に貢献したことは言うまでもない。この現象にならって、他の競技も「世界で活躍する日本人選手を生み出せ」と躍起になっている。しかし、果たして世界で活躍する選手が登場するだけでその競技の人気が高まるのだろうか?かつて世界のトップで活躍し続けた選手を輩出したスキーノルディック競技や自転車競技などは、確かに一時的な露出や話題性は高まるが、その後継続的に人気が定着したとは言い難い。ではサッカーや野球とそれらの競技の違いは何か?それは日本におけるそもそもの普及・人気度合いにもよるが、プロリーグの存在とそこで活躍した選手が世界に進出するという構図の有無であると考える。日本のプロリーグで活躍⇒世界のトップリーグへ輩出という図式と、一時的な注目を定着させるための日本における最高峰のプロリーグの存在があってこそ、この施策が効果的なものとなるのである。そう考えると、例えばその条件を満たさないアメフト、ハンドボールといったマイナー競技において、たとえトップレベルの実力を持ち世界で活躍する選手を輩出できたとしても、一時的な注目を浴びるものの、継続的な人気が定着することは難しいであろう。

2)「スター選手を生み出す」

 確かにその競技を知ってもらい、興味を持ってもらうためのきっかけとなる施策としては有効であろう。しかしながら、その興味関心を継続させ競技そのものへの興味へと結びつけ、ファンとして定着してもらうためには、国内におけるコンテンツ価値の高い試合やリーグの存在が欠かせないのである。さもなければこの施策は「きっかけ」を生み出すのみの打ち上げ花火となってしまうであろう。 かつてアメフトにおいても京都大学の東海選手というアメフトにしては比較的メディアで注目されたスター選手がいたが、今日の競技の発展には残念ながら繋がっているとは言えない。

3)「競技を題材にしたアニメやコミックをつくる」

 「巨人の星(野球)」「アタックNo.1(バレーボール)」「キャプテン翼(サッカー)」「スラムダンク(バスケットボール)」「アイシールド21(アメフト)」といった漫画やアニメの存在はその競技の普及に大いに貢献した。特にキャプテン翼は、その後のJリーグ設立やW杯開催といったことと相まって確実にサッカーの底辺拡大、人気拡大に貢献したことは間違いない。このサッカーの例が顕著なように、競技のアニメ化や漫画化は非常に効果のある施策ではあるが、やはりそこでの注目や興味を、子供にとっては将来の目標となり、見る人にとっては試合観戦につながる「試合やリーグ」の存在がなければせっかくのアニメや漫画も無駄なものとなってしまうであろう。

4)「試合やハーフタイムに芸能人を呼ぶ」

 試合への集客という観点で有効な施策となることは、芸能人をプロモーションに絡めるバレーボールを見れば一目瞭然であろう。しかしながら、メインのコンテンツはその競技であり試合であることを忘れてはならない。足を運ぶ目的は違えど、その競技がその芸能人の魅力とは異なるコンテンツ価値を生み出すことができれば、その後の人気拡大につなげることが可能となる。しかし、イベントが魅力的でもその競技や試合が面白くなければ、そのイベントに投資をした意味が皆無となる。この施策はあくまでも集客のひとつのきっかけに過ぎないことを肝に銘じなければならない。イベントに注力する前に、その試合や競技の魅力が生み出せる状態とするための本質的な価値向上に注力することが必須なのである。

5)「子供達(底辺)に競技を普及させる」

 これは短期的には効果を生み出すことは難しいが、長期的に見れば非常に重要な人気拡大施策となる。既に人気がある競技であってもこの施策を怠ってしまうと、その後は衰退していくことであろう。ではこれから人気を生み出していこうという競技の場合、この施策を行うことでそれが可能となるのであろうか?確かに子供の時点でその競技を経験することにより、競技そのものの認知が高まり、また優秀な選手の出現率が高まることから、競技発展の可能性が高まることは確かだ。しかしながら、底辺が拡大しても「頂点」がなければ、競技を経験しその競技の魅力を感じた子供たちは目指すべき目標を失うことになる。要するに、底辺拡大と頂点となるべくレベルの高いプロリーグの存在がセットになることでこの施策は真に効果を生み出すのである。頂点となるプロリーグ設立がないままでは、底辺拡大の効果が半減してしまうであろう。

6)「女性ファンを拡大する」

 (2)や(4)の施策もこの一部となるが、女性ファンの拡大はその影響力の大きさから人気拡大のためには重要な施策となる。また子供を産む存在であることから、(3)や(5)の施策にも影響を及ぼすことであろう。しかしながら、単なるエンターテイメントの普及や芸能人のファン拡大、またある教育施策の普及であればこの施策のみでも効果を発揮すると思われる。しかしことスポーツというコンテンツの人気拡大においては、競技そのもの魅力や価値の拡大と、その魅力や価値を継続的に享受できる仕組みが無ければ、(1)~(5)の施策同様に一時的なブームや打ち上げ花火といったことになりかねないのだ。

 以上「ありがちな人気拡大策」について考察してみた。何かとブログの主旨である「プロリーグの設立」ということに結論づけたことは否めないが、いずれにせよ「真のコンテンツの価値(競技や試合の魅力)」「継続的な価値発揮の仕組み(プロリーグ)」といったコアの価値が無ければ、すべての施策は意味をなさなくなるのである。逆の言い方をすれば、1~6のような施策や機会に恵まれている競技では、その施策に安住するのではなく、コンテンツの本質的な価値の向上に務めなければその競技の未来はないであろう。1~6のような施策を単発の打ち上げ花火としてしまうのか、コンテンツの価値を増幅させる効果的な施策とするのか。各競技は、うわべの施策に頼るのではなく、競技の本質的な価値の創出=プロリーグの設立に注力することを怠ってはならない。

次回は本論に戻り、アメリカンフットボールの「広告としての媒体価値」について考察する。

5 Comments:

  • At 5:41 PM, Blogger Yaxin said…

    私は漫画 捜して、私はあなたのblog を見つけた
    ^_^

     
  • At 10:57 PM, Blogger hiro said…

    はじめまして!北海道の大学でコーチをしているものです!ずっと、アメフトに関係する仕事がしたいなって思っていて、インターネットを探索していたら、ここをみつけて興奮してみていました。山谷さんは何の仕事をしているのですか?将来は毎日アメフトのことばっかりかんがえていられるようになりたいな。

     
  • At 8:13 PM, Anonymous washizu said…

    やまやさん
    せっかくナイスなblog書いてるんですから、mixiにもリンク貼ったらいかがですか?
    読者増えてヤマヤイズムが広がりますよ。

     
  • At 8:07 PM, Anonymous kay said…

    都内の高校1年で、中学までのサッカーから、アメフトに転向しました。将来スポーツマネジメントの仕事に就きたいと漠然と感じていますが、一度山谷さんにお会いしてお話しを伺うことは可能でしょうか...

     
  • At 11:42 AM, Blogger 今 昌司 Masashi KON said…

    山谷様
    日本トップリーグ連携機構のサイトでコラムを拝見し、非常に共感を持たせていただきました。また、リンク栃木ブレックスの目指すところにも大いに拍手を贈りたい気持ちです。私は、現在はフリーランスで主にスポーツイベントの運営計画や統括業務を担っています。主にバスケットボールです。世界選手権も、昨年のアジア選手権も担当させていただきました。以前は、広告代理店や商社、スポーツメーカー等でスポーツビジネスに携わっていたのですが、バスケットに関しては、特に多く、3on3からNBAまで、幅広く経験させていただきました。最近、知人のアドバイスで、ブログを始め、少し硬い内容ですが、書き続けさせていただいております。来月には、いよいよシーズンに突入ですね。私も、過去の経験から、日本でのスポーツリーグの経営課題について、書かせていただくつもりです。もしよろしければ、覗いてみてください。長文にて失礼しました。

     

Post a Comment

<< Home