アメリカンフットボールのプロリーグ設立に向けて

2010年に日本でアメリカンフットボールのプロリーグを設立する――2000年の元旦に自分に課した目標です。この目標の実現に向けて、この場をお借りしてこれまでの仕事を振り返り、アイデアを整理し、構想を練り、自らのモチベーションを鼓舞していきたいと思います。

Saturday, February 25, 2006

エンターテインメントとしての価値(1)

 一般的にスポーツの捉え方として「する」「みる」という分類が使われているが(近年ではさらに「ささえる」という言葉を加えているケースが多いが)、これはスポーツが持つ価値の多面性を表しているといえよう。スポーツには、「する」すなわち「身体の運動活動」としての価値と、「みる」すなわち「見せ物=エンターテインメント」としての価値が存在する。

 では、フットボールの「エンターテインメント」としての価値とは何か。
 フットボールが好きな人に言わせれば、そんなことは今さら言うまでもないことかもしれないが、ここではあえてスポーツ及びフットボールの「見せ物」としての価値を考察してみたい。

 まず、見せ物としての価値の構成要素を、ミシガン大学の観戦者調査(観客がスポーツをスタジアムで観戦する理由を調査したもの)をもとに3つに分類し、その観点で考察を行う。

 1)競技性・試合の質
   競技ルールの魅力、選手の高い技術、エキサイティングな試合内容、など

 2)選手やチームの特性
   選手のキャラクター、チームの持つイメージ(一体感、誇り)、など

 3)試合会場の演出
   プロモーション手法、試合会場の演出や雰囲気、イベント、チームマスコット、など

(1)競技性・試合の質
 スポーツの見せ物としての本質的な価値は、「競技特性やルールの面白さ」「競技パフォーマンスの素晴らしさ」「競争行為の面白さ」にあるといえよう。

1-1.「競技の特性やルールの面白さ」

 競技特性やルールの面白さとは、それぞれ一概に比較できるものではないが、個人的にはフットボールという競技の特性やルールには次のような面白さがあると思う。

・格闘技と球技の要素を併せ持つこと

 格闘技とは、人間の闘争本能を最も掻き立てる競技である。球技とは、人間の本来の営みには無い特殊技能を競い合う競技である。その両方の要素を併せ持ち、ルールを作り上げている競技は、フットボールとラグビーくらいであろう。フットボールは人間の本能と理性の双方に刺激を与える競技なのである。

・役割を明確にしていること

 ポジション毎に「ボールを運ぶ人」「ボールを投げる人」「それらを支える人」といったように役割が明確になっていることから、そのポジションに必要となる技術を極めやすく、かつ目立ちやすくなっている。また選手がどんなパフォーマンスを見せてくれるのかという期待も持ちやすい。

・メンバーの交代が自由であること

 そのプレーを行うにあたり、もっとも高度なパフォーマンスを行う可能性のある選手を使うことが出来る。

・攻守を分けること

 戦いの構図が明確になる。もちろんサッカーのように攻守が入り乱れることによる面白さもあるが、攻守明確になることにより、行われるプレーやパフォーマンスに対する期待が持ちやすい。

・プレーを区切ること

 相撲の間合いにも通じるものがあるが、プレー毎に区切り緩急を設けることで、盛り上がるシーンを作りやすい。またプレー間に時間があるため戦術選択やかけひきに時間をかけることが出来る。

・危険性を排除するルールが存在すること

 本能と理性のそれぞれの行過ぎを防ぎ、バランスをとるためにもルールが不可欠だ。ヘルメットや防具を着用する、危険行為を禁止するというルールがきちんと存在しているからこそ、上記の面白さを生み出すことが出来る。

・装具のビジュアル

 危険性を排除するための装具ではあるが、それが見た目として「格好いい」といった価値観を生み出してることは確かだ。

・面白くするためにルールを改正していること

 フットボールが合理的であると言われる所以として、見せ物として面白くなるようにという観点でルールを改正していることがあげられる。しかしながら、反面「メディアと寝たスポーツ」とも言われ、スポーツの純粋性とは反するという批判もある。

1-2.「競技パフォーマンスの素晴らしさ」

 競技パフォーマンスの素晴らしさとは、「凡人には真似できないようなパフォーマンス」「通常発生する可能性が少ないパフォーマンス」などである。もちろんどのスポーツでも選手たちのたゆまぬ努力や精神力により、素晴らしいパフォーマンスが存在するが、フットボールの場合には、先にあげたとおり、「役割を明確にする」「メンバー交代が自由」「攻守を分ける」「プレーを区切る」といったルール上の特性により、より素晴らしいパフォーマンスが発生しやすいスポーツなのではないかと考える。

1-3.「競争行為の面白さ」

 フットボールは、これまで述べてきたとおり競技ルールの特性により競技パフォーマンスが高まりやすくなるため、対戦双方の実力差が顕著に現れる競技なのではないかと考える。例えばサッカーは、攻守が入り乱れ区切りが無く連続する競技であるため、個々の高度なパフォーマンスの発揮しどころが限定される。そのため、プロと高校生が試合をしても、あわよくば高校生が勝利したり、プロが実力を発揮しても4-0という点差程度の結果となることもしばしばだ。フットボールの場合には、その得点加算構造にも起因するが、実力差が明らかな場合には、80-0や100-0といった試合はよくある(サッカーで言えば、10-0のようなイメージか)。
 そのため、NFLでは各チームのイコールコンディション=「戦力均衡」に尋常なまでにこだわっている。サラリーキャップ、ドラフトといった制度は他のスポーツ以上に厳格だ。そのため、日本のXリーグでは約30%(3試合に1試合)の割合で登場する4タッチダウン以上の点差の試合が、NFLでは5%の割合に激減する(共に2001年度シーズンの結果による)。
 試合すなわち競争行為の面白さとは、どちらか勝つだろう、負けるだろうの予定調和ではなく、「どちらか勝つか、負けるか分からない」状態によって生み出されることは明らかだ。ただしこれには「水戸黄門仮説」という反論がある。日本人は「最後には正義の味方が勝つ」というストーリ(予定調和)を好むという説だ。かつての巨人人気も「やっぱり最後には巨人が勝つ」という安心感ともいえる結果がその人気をもたらしていたという考え方も確かに一理はある。しかしこの説への反論としては、ミュージカルや映画といったエンターテインメントであれば予定調和が前提なので、それこそハッピーエンドが面白さになるわけだが、スポーツがそれらのエンターテインメントとは決定的に異なるのは「結果の不確実性」であり、それがスポーツ独自の面白さともいえる(そういう意味ではプロレスはスポーツではなく、演劇だと捉えることもできなくはないが・・・)。なので、スポーツである以上、やはり予定調和ではなく不確実性をウリにするしかないのだ。当然、不確実性の結果として、人気チームが勝って安心だ、ということが価値にはなりえるが。
 そういう意味では、競争行為の面白さとは、マッチメイクなどにより人工的に作り出すものであると言え、リーグの運営においては最も考慮すべき点であり、かつ価値創出のコントロールが可能なことでもある。そこにしっかりとした制度を設けているNFLは、見せ物としての価値を最大化することを一義としていることが伺える。日本のXリーグでは制度という側面においては残念ながら見せ物としてエンターテインメントとしての価値を創出できるリーグとはいえない。

少し長くなってしまったので、次回は、フットボールのエンターテインメントとしての価値の考察の続きとして、フットボールが持つ「選手やチームの特性」「試合会場の演出」による価値について述べてみたい。

1 Comments:

  • At 1:26 AM, Blogger nisimura daisuke said…

    山谷さん
    面白いブログですね。

    自分も日本にアメフトのプロリーグを作れたらなぁ・・・と思う一人です。でも、このブログを見るまでは、「アメフトでプロは無理」と結論付けていました。
    しかし、このブログを見て考え方を変えました。やっぱりアメフトはプロにしなきゃダメですね!!
    山谷さんが言われるように、アメフトは非常に価値があり、その価値をしっかり整理して障壁を排除すれば、コンテンツとしては日本人にこれほどあったスポーツ、いやエンターテイメントはないと思います。

    「アメフトの競技の特性やルールの面白さ」で自分が日本人に一番あっていると思うのは、山谷さんが言われる「プレーが区切れていること」だと思います。いわゆる「間」があることですね。
    日本人が好む見る勝負事はこの「間」があるものばかりです。相撲しかり、野球しかり、将棋や囲碁もそうでしょう。頭の良い日本人は「間」のうちに「次の手はどうなるんだろう」と戦術を考えるのが好きなのかもしれませんね。そういう意味では、アメフトはこの「間」が最高に活用されます。「次はパスかランか?パスならロングパス?ショートパス?ターゲットは?」「俺なら次はブリッツだな」など、野球よりも数段選択肢が多く、考える幅が広いです
    結果に対して読みどおりであれば「ほら、言ったとおり」違う作戦をして失敗すれば「俺の言ったとおりにやらないからだ」と楽しめます。まるで縁側の将棋を横から見ているような感覚ですね。これって日本人には堪らなく楽しいことだと思います。。
    (サッカーでも全日本がトルシエ監督時代には日本人はやたらと戦術の話を好んでしてましたよね。サッカーをしたこともない女の子が「やっぱり4バックより3バック!!」などと言っていましたよね。日本人は基本的に他人の戦術をよこから考えるのが好きなんですね)

    こんなに知的なスポーツなのに格闘技の要素があり、競った試合になればなるほど精神的な戦いになります。日本人の好きな精神論を語ることもできるのです。

    ただ、アメフトの面白さって、なかなか理解してもらえないのですよねぇ。アメフトを見ない人の一番の理由は「ルールが難しそう」です。でも、これは偏見だと思っています。イメージの問題で、マーケティングの仕方次第で何とかなるのではないかと思います。はっきり言ってラグビーよりもルールは簡単です。50歳を超えたスポーツ音痴のおばさん(私の母ですが・・・)でも、息子がアメフトを始めれば、3試合も見れるうちに大体のルールは理解します。(この3試合というのがネックなのかもしれませんが・・・)。

    とダラダラ書きましたが、自分も真剣にアメフトの価値に関して考えてみようとブログを見て思ったということをお伝えしたくてコメントを書きました。また一度ゆっくりとお話しさせてください。

    ブログにも横からコメントをさせていただきます。(日本人ですので)

    西村大介

     

Post a Comment

<< Home